社葬として「お別れの会」を導入する企業様が増えています。

突然に経営者を失うことで、会社は大きなダメージを負います。
しかし、きちんとした社葬を行うことで、そのリスクをぐんと減らすことができるのです。
企業の功労者を追悼することは、何より故人へのはなむけとなるでしょう。
それだけではなく、社葬は会社の広報活動としての役割をもち、危機管理の一環でもあります。
社外(取引先・株主など)に対しては、今後の経営姿勢を暗に示すという重要な役割があります。
また、社内に対しては、志を受け継ぐ決意をするための絶好の機会となるでしょう。
社葬を行うことには費用面のメリットもあります。
社葬に関わる費用の一部は、福利厚生費として損金に算入することが可能です。
詳しくは「社葬の税法上の取扱い」ページをご覧ください。

社葬とは何か

<< 前のページ 1 3 4

失敗できない社葬・「お別れの会」だから、ぜひ事前準備を。無料相談はフリーダイヤル0120-580-114